店舗に必要不可欠

いろいろなお金

大体どの店舗でも見かけることができるのがレジです。
これから新しく開業しようと考えている方はどのようなレジを選べばよいか迷うこともあるでしょう。
レジにも様々な種類があり、業種によって使いやすいレジは変わってきます。
レジであれば何でもいいという考えはやめたほうがよいでしょう。

■業種にあったレジ選び
世の中には様々な業種が存在します。
大まかに分けると飲食業や小売業、サービス業といったところでしょうか。
業種によって求められる機能などが変わってきますので、自分の業種にはどのような機能が必要になってくるかをしっかりと把握することが大事です。
例えば水をよく扱う飲食業は水に強いレジを選ぶとよいでしょう。いきなり起こってしまうトラブルも未然に防ぐことができます。
忙しい時間帯にお客様が集中してレジを回すのに苦労をする場合には簡単に操作ができるレジを選びましょう。

■種類によって変わるロール紙
レジにはロール紙と呼ばれる紙が必要となってきます。
これは簡単にいえばレシートです。
これはレジ業務を行う上で必要不可欠なパーツといってよいでしょう。
ロール紙は大きく分けて2種類あります。普通紙と感熱紙です。
どちらが必要となってくるかはレジによって変わりますので購入の前に自前に確認する必要があるでしょう。
基本的には紙の種類とサイズがレジに対応するものであれば品番等はあまり気にしなくても大丈夫です。
ロール紙は一般的には白色の物が主流ですが、実は他にも何種類かカラーがあります。
レシートにも個性を出したい場合には購入の際に色も調べてみるとよいでしょう。

■レジで売上が変わる
現在ではたくさんの機能がついたものが販売されています。
例えば商品管理や顧客管理ができるもの、簡単な入力で操作が可能なものなどがあります。
機能面以外でも外見もレジ選びの際に大事なポイントになるでしょう。
店舗の雰囲気を壊してしまう恐れがあるからです。
店舗に必要な機能が備わったものを使うことによって、売上にうまくつなげることができます。

オススメリンク

専門店ならロール紙のオーダーにも対応してくれるので安心です|マサキストア

ロール紙について

レジのロール紙には2種類あります。
普通紙と感熱紙と呼ばれるものです。
これはレジの種類によって選ぶ種類が異なってきます。
実際にロール紙を購入する際にはロール紙の種類とサイズを確認しましょう。
種類とサイズがあっていれば普段使用している品番のものと違ったとして…Read more

デザイン性

業種によっては機能性よりもデザイン性を重視しなければならない場合があります。
例えば病院や薬局などの医療系の場合、デザインがシンプルなレジがよいでしょう。
なぜかといいますと、病院や薬局に来られる方は精神的に不安定な状態にある場合が多いです。
そのために落ち着いた色合い…Read more

関連リンク

アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

2015年3月
« 1月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031